安全・安心・おいしい農作物(有機農作物)を生産できる技術、肥料、資材


トップページ 有機農法 有機栽培

安全・安心・おいしい有機農業支援技術 有機農法 有機栽培
有機栽培の問題点と現状
土作り
ミネラル
有機栄養・肥培管理
おいしさ増強
有機栽培・環境管理
水田抑草対策
冊子資料一覧

施肥の目安 有機農法 有機栽培
施肥の目安(元肥)
施肥の目安(追肥)
プランター等の施用目安(元肥)
プランター等の施用目安(追肥)

参考施肥設計例 有機農法 有機栽培
果樹・お茶
葉菜類
果菜類
豆類
根菜類
特作物

インフォメーション 有機農法 有機栽培
農産物宅配サービス
特定商取引法に基づく表記
会社案内
お問い合わせ
リクルート


大和肥料株式会社
考え直さなければならない有機栽培の問題点と現状

1、安易な資源循環は危険がいっぱい。
廃棄物肥料(畑を廃棄物処理場にしていませんか?)
廃棄物有機→腐敗型土壌(腐敗菌)→窒素過多(高濃度硝酸イオン)→病害虫(農薬)  
本当は危ない有機野菜

< 参考書籍 >
「本当は危ない有機野菜」
松下一郎/著 徳間書店
エコ農業のウソを告発する会/著
定価:1,365円(税込み)

 

< 問題肥料 >
遺伝子組み換え飼料で飼育された畜産推肥
( 牛糞・豚糞・鶏糞 etc )
遺伝子組み換え肥料
( 菜種油粕・大豆油粕・オカラ粕 etc )
汚泥肥料・生ゴミ肥料


1、安易な資源循環は危険がいっぱい。(内容)
上記の畜産堆肥、遺伝子組換肥料、汚泥肥料、生ゴミ等は腐敗分解するため、畑に腐敗菌や病原菌を増やし、
作物の生育を悪くするだけでなく、アンモニア、硝酸態窒素が多く発現するため、窒素過多となり、病害虫の被害が多くなります。
そのため農産物は硝酸イオン濃度(糖尿病・成人病の原因)が高くなり、危険でまずい農産物となってしまいます。

2、畜産堆肥の問題点(抗生物質・畜産薬品・遺伝子組換え)
各農法産のお米を炊いた後、密閉容器にて約1年間保存した結果です。
左 : 化学肥料・農薬を使用した米は黄色く変色し、刺激臭がありました。
中 : 鶏糞を使用した米は糞便のように黒く変色しました。
右 : 自然農法(ボカシ・稲わら・EM使用)の米は白く、原型を留めており、
    甘酒のような香りでした。

※注意しなければならない点として
化学肥料より有機農法の方がより腐敗していることです。
これは遺伝子組換え飼料で育てた鶏糞を使用しているため、このような結果となりました。
有機農業は安全安心という事で普及が進んでいますが、有機肥料でも上記のように悪い結果となる肥料が多く存在しています。
安全安心、おいしい有機栽培を目指すならば、使用する肥料を厳しく吟味する必要があります。

安全な土づくり・・・「ヒューマエナジィ」

<成分> : ※腐食酸含有量58.52% ※陽イオン交換容量 212.4mep/乾物100g ※PH5.0


安全な土づくり・・・「ヒューマエナジィ」
ヒューマエナジィ
草木や落葉が長い年月をかけて腐熟してできた地力の素です。 【腐植地力】
少量の施用で作物が良く育つ肥な土を作ります。 【土壌改良】
土のエネルギー量が増し、作物の生育が良くなります。 【高エネルギー】
柔らかで保肥力が高い土となり、、栽培がしやすくなります。 【栽培容易】
安全で安心できる「土づくり」としてご提案いたします。 【安全安心】


3、遺伝子組み換えの恐怖
日本の自殺者の統計グラフと遺伝子組換え作物の葉を食べて死んだ虫

3、遺伝子組み換えの恐怖
上記は日本の自殺者数のグラフです。
平成8年に日本に初めて遺伝子組換え農産物が輸入されましたが、平成10年に急激に自殺者が増加し、
その後も増えたまま推移しています。遺伝子組換え農産物はタンパク合成がうまくできなく、
蛋白質でできている酵素や脳内ホルモン、細胞などを異常にすると指摘されていす。
遺伝子組換え肥料や飼料は蛋白合成を異常にし、最終的には人間を異常にするのではと懸念されています。

4、クロマグラフィ判定法
クロマグラフィ判定法
4、クロマグラフィ判定法
ヨ−ロッパでは硝酸銀溶液を含ませた濾紙に、水酸化ナトリウムで溶かした試験物を染み込ませて現れる結晶図形(波形)で様々な 事柄を判定する伝統の分析手法があります。日本でも堆肥判定法として、一部が利用されています。この方法で「遺伝子組換え」を 判定してみました。通常の大豆や堆肥はきれいな結晶図形が現れますが、遺伝子組換え大豆や遺伝子組換え穀物が含まれた堆肥は結晶図形ができなく、おどろおどろしい図形が現れました。肥料としての遺伝子組換えは菜種油粕やオカラ粕などがありますが、 ガス害などが経験的に知られており、悪臭を放って変に分解することが知られています。

5、硝酸態窒素
   

<参考書籍>
「野菜が糖尿病を引き起こす」
著書/ 河野武平
宝島社新書
定価:700円(税別)


5、硝酸態窒素
健康を作るはずの野菜が糖尿病を引き起こし、あらゆる成人病の原因になっていると本書は指摘しています。
硝酸イオン濃度が16000ppmという殺人濃度(150g摂取で中毒、250gで致死量)の野菜が身近で平気に流通しています。
EU諸国は2000ppm以下という硝酸イオン濃度の安全基準を設けているのに対して、日本の農業の認識はあまりにお粗末です。
成人の4人に1人が糖尿病とその予備軍となり、ガンが増え続けているのもうなずけます。
硝酸イオンとは吸収された肥料が野菜になりきれず、肥料の形で野菜の中に残っている状態です。(未消化窒素)
野菜の形をした肥料を食べさせられているのです。生長の早いハウス栽培や化学肥料・液体肥料(化学・有機)、
また、遺伝子組換え肥料(菜種油粕、オカラなど)、畜産堆肥、鶏糞、汚泥肥料などは野菜の硝酸イオン濃度を高めます。
それらは土を腐敗させ、アンモニアや硝酸態窒素を多く発現させ、硝酸イオン濃度(未消化窒素)の高い野菜を作ってしまいます。

硝酸イオンを半減し、おいしさアップ・・・・「おひさま濃縮粉末」

<成分> : 窒素全量 1.35 りん酸全量 1.75 加量全量 4.39


硝酸イオンを半減し、おいしさアップ・・・・「おひさま濃縮粉末」
おひさま濃縮粉末
海藻を特殊発酵させた肥料です。 【発酵海藻】
甘みとコクのあるおいしい農作物を育てます。 【甘みとコク】
作物体に残っている硝酸イオン【未消化窒素】の消化を促します。 【安心安全】
未消化窒素が減少するため、病害虫が軽減し、増収が期待できます。 【病害虫軽減】
なり疲れや樹勢回復に効果があります。 【樹勢回復】


COPYRIGHT(C)2009-2014 DaiwaHiryo. ALL RIGHTS RESERVED.