安全・安心・おいしい農作物(有機農作物)を生産できる技術、肥料、資材


トップページ 有機農法 有機栽培

安全・安心・おいしい有機農業支援技術 有機農法 有機栽培
有機栽培の問題点と現状
土作り
ミネラル
有機栄養・肥培管理
おいしさ増強
有機栽培・環境管理
水田抑草対策
冊子資料一覧

施肥の目安 有機農法 有機栽培
施肥の目安(元肥)
施肥の目安(追肥)
プランター等の施用目安(元肥)
プランター等の施用目安(追肥)

参考施肥設計例 有機農法 有機栽培
果樹・お茶
葉菜類
果菜類
豆類
根菜類
特作物

インフォメーション 有機農法 有機栽培
農産物宅配サービス
特定商取引法に基づく表記
会社案内
お問い合わせ
リクルート


大和肥料株式会社
土づくり
土づくり(すくすく育つ良い土を)
土づくり(すくすく育つ良い土を)

土作りの仕組み
物理性(保肥・保水・排水・通気) 栄養(窒素・りん酸・加里・カルシウムetc) 生物(微生物・小動物)

土作りの仕組み

作物がすくすく育つ土は人工的に簡易に作り出せるものではないと思います。
腐植や有機栄養、ミネラルなどが元ととなり、様々な微生物や小動物などの生物が豊かに育くまれ、
時間をかけて徐々に出来上がってきます。人間の努力と自然の力が合わさって、少しずつ出来上がります。
有機栄養、腐植やミネラルも微生物も小動物も全てが絶妙なバランスの構成要素です。
バランスがとれた土では病害虫の被害も少なくなり、品質の良い農作物が安定して育ちます。
このバランスを作り上げるにはとても苦労しますが、いとも簡単に壊れてしまいます。
遺伝子組換肥料やそれらを餌とした畜産堆肥、鶏糞、汚泥肥料、化学肥料などは直ぐにバランスを崩し、
油虫をはじめ様々な病害虫が発生してしまいす。
腐植の増加は保肥力(CEC)を高めるだけでなく、土を団粒化させ排水や保水、通気性を高め、
土そのもののエネルギ−を向上いたします。


安全な土づくり・・・「ヒューマスエナジィ」

<成分> : ※腐食酸含有量58.52% ※陽イオン交換容量 212.4mep/乾物100g ※PH5.0


安全な土づくり・・・「ヒューマスエナジィ」
草木や落葉が長い年月をかけて腐熟してできた地力の素です。 【腐植地力】
少量の施用で作物が良く育つ肥な土を作ります。 【土壌改良】
土のエネルギー量が増し、作物の生育が良くなります。 【高エネルギー】
柔らかで保肥力が高い土となり、、栽培がしやすくなります。 【栽培容易】
安全で安心できる「土づくり」としてご提案いたします。 【安全安心】


COPYRIGHT(C)2009-2014 DaiwaHiryo. ALL RIGHTS RESERVED.