安全・安心・おいしい農作物(有機農作物)を生産できる技術、肥料、資材


トップページ 有機農法 有機栽培

安全・安心・おいしい有機農業支援技術 有機農法 有機栽培
有機栽培の問題点と現状
土作り
ミネラル
有機栄養・肥培管理
おいしさ増強
有機栽培・環境管理
水田抑草対策
冊子資料一覧

施肥の目安 有機農法 有機栽培
施肥の目安(元肥)
施肥の目安(追肥)
プランター等の施用目安(元肥)
プランター等の施用目安(追肥)

参考施肥設計例 有機農法 有機栽培
果樹・お茶
葉菜類
果菜類
豆類
根菜類
特作物

インフォメーション 有機農法 有機栽培
農産物宅配サービス
特定商取引法に基づく表記
会社案内
お問い合わせ
リクルート


大和肥料株式会社

有機栽培・環境管理 病害虫を少なくする土づくり

病害虫発生は「病害虫が発生しやすい農作物」と「病害虫が発生しやすい環境」と
「病害虫の存在」の3つの条件がそろった時に発生いたします。

有機栽培・環境管理 病害虫を少なくする土づくり
病害虫の存在 発生しやすい農作物 発生しやすい栽培管理

「発生しやすい農作物」とは軟弱で窒素過多、未消化窒素の多い農作物は
病害虫の危険にさらされます。遺伝子組換え飼料での畜糞堆肥や腐敗分解する
遺伝子組換肥料や化学肥料などの施用は窒素過多を作りだし、
病害虫発生の原因となります。これらを改め、「ヒュ-マスエナジイ」での土づくりや
発酵有機肥料によるアミノ酸の吸収やバランスのとれた各種ミネラルの吸収、
「おひさま凝縮粉末」の利用で、未消化窒素の無い健全で丈夫な生育を促せば、
病害虫の被害は確実に少なくなります。また、栽培環境を良くしていくことも重要です。
風通しを良くしたり、排水を良くしたり、高畝にしたり、雨よけにしたり、温度や湿度、
イオンバランス、適地適作・・・温暖化の影響で気候変動が激しく、対応が難しく
なりつつありますが、栽培作物にあった環境を作り出すことがこれからの最重要課題です。

有機栽培・環境管理 病害虫を少なくする土づくり

また、「太陽熱消毒」を行い病害虫を減らしたり、リセット堆肥と併用してその効果を
高めたり、環境管理型堆肥で土づくりを行い、病害虫の発生しにくい健全な土壌をつくり上げることが大切です。


椿油粕

<分析成分量(%)> 窒素全量1.21 りん酸全量0.33  加里全量0.97  CN比38


椿油粕

人畜無害のハ-ブ(植物種子)肥料です。 【人畜無害】
朝鮮人参で有名な滋養強壮成分のサポニンが含まれます。 【滋養強壮】
病害虫の発生しにくい土づくり。【安心育土】
抵抗力ある元気な農作物を作ります。【元気抵抗力】
椿油粕の有効成分は水溶性で即効的な効果があります。 【即効性】


COPYRIGHT(C)2009-2014 DaiwaHiryo. ALL RIGHTS RESERVED.